私達のHな体験談

お気に入りに登録

媚薬飲まされてレイプされた彼女13

菜々子は、放心状態のまま、マットの上に投げ出されました。
石川の唾液にまみれた大きな乳房が、いちいちプルプルと揺れます。
その間に、森本は、マットが上手く映る位置に、ビデオカメラをセットします。
石川:「ちょっと菜々子ちゃぁん、俺まだイッてないんだから寝ちゃダメだよ」
森本:「・・そうだぜ・・俺ももう我慢できねぇから参戦するぜ・・!・・」
森本は、焦ったように自身の服を脱いで全裸になりました。
石川:「・・ぎゃははっ!・・なんだそりゃ・・・ギンギンじゃねぇか・・!・・」
森本:「・・うるせぇな・・!・・お前ばっかり楽しみやがって・・!・・・」
森本は、石川を押し退けるように割り込むと、そのまま、まだぐったりとする菜々子を犯します。
森本:「・・す、すげぇ締まる!・・これは・・ヤバそう・・・」
石川:「・・な?・・すげぇだろ・・?・・・・」
菜々子:「・・・あ、あぁ、・・・お願い・・もう・・もうやめて・・・・・」
菜々子は、最後の力を振り絞るように、覆い被さって腰を振る森本を押し退けようとしますが、それは実に弱々しいものでした。
森本:「・・え?・・やめちゃっていいの・・!?・・さっきは石川に犯されて「気持ちいい」「イッちゃう」とか言ってたくせに!?・・・・」
石川:「・・わはは!・・それは俺のち〇ぽの方が気持ちいいって事だろ・・・?・・・」
森本:「・・あぁっ!?・・おい、そうなのかよクソアマ!?・・答えろよオラ!・・オラ!・・・」
森本は、石川の一言でキレたのか、菜々子にすごみながら、激しく腰を振りたくります。
石川:「・・まぁまぁ、楽しくやろうよ森本くん。・・・これでも使ってみたら?・・・」
石川は、そう言うと、どこからかピンクローターを持ってきて、それを森本に手渡しました。
ブルルルルル・・・・・
森本:「・・おぉ、いいねぇ・・・・」
あんな物、僕はおろか、菜々子は今までの人生で使った事などないはずです。
そして、森本は、その、激しく振動するローターを、自身のペニスを菜々子に深く突き刺したまま、菜々子のクリトリスの部分に当てがったのです。
菜々子:「・・ぅあっ!・・あぁぁぁっ・・!・・」
悲鳴にも近い菜々子の喘ぎ声が響きます。
菜々子は、森本がピストンしてはいないにも関わらず、マットがギシギシと軋むほど、激しく腰をクネらせます。
それは、クリトリスを襲う激しい振動から逃れようとしているのか、膣に挿入された森本のペニスの躍動を求めているのか、外目にはわかりませんでした。

[オススメ] エッチな体験談アンテナ
私達のHな体験談